文字サイズ

【ボート】業界を盛り上げるには“新舟券”しかない 浮かんだアイデアは…

 「ボートレース記者コラム・仕事 賭け事 独り言」

 3月22日に「2017年4月1日からボートレースの選手賞金を総額20億円増額」と発表された。賞金を増額することで選手のモチベーションがさらに高まり、よりファンを魅了するエキサイティングなレースが繰り広げられることを期待してのものらしい。

 確かに、ボートレース界を盛り上げる戦略としてはいいことだと思う。ただ、14年5月20日に発表された「5つのSG競走にてメダル表彰制度を開始」と聞いた時も感じたが、ファンに向けての改革もぜひお願いしたい。以前も書いたように、番組面では面白いものがたくさんあるが、ワクワクするようなものではない。何度も言わせてもらうが、やはり“新舟券”しかない。

 過去に全着順を当てる「6連単」や、全レースもしくは後半6レースの1着を当てる「ウイン12」「ウイン6」などを提案してきた。初期投資など大きな問題があるだろうが、何とか実現してもらいたい思っている。

 先日、広報にオフレコで探ってみたら「今のところ新舟券という話はありません」とのこと。残念だが、諦めずに言い続けるしかない。

 そこで最近、ふと頭に浮かんだ“新舟券”を一つ紹介したい。毎日、全国のあちこちでレースが行われている。となれば、いくつかのレース場の12Rの1着を当てる舟券はどうか。

 モーニング、ナイターなど時間帯はバラバラだが、1日12R制は統一されている。とりあえず5場の12R1着を当てるのはどうか。名称は「コンプリート12」「ミッション12」あたりか。PCやスマホでの購入に限られるうえ、もちろんFなど事故の問題があるが、もし実現すれば間違いなく注目度は増すはず。

 とにかくボートレースに視線を向けてもらうには、新たなチャンレンジしかない。(関東ボート担当・土屋 景)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    レース記者コラム最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス