文字サイズ

“ニホンピロ”の小林百太郎オーナー死去 93歳 酒井「空から競馬を楽しんでもらえたら」

小林百太郎氏
ニホンピロウイナーと河内騎手=1985年、京都競馬場
 14年東海Sを制したニホンピロアワーズと酒井
3枚

 「ニホンピロ」の冠名で知られる小林百太郎オーナーが先月27日に亡くなっていたことが9日、明らかになった。93歳だった。

 小林氏はFYH株式会社名誉会長。馬主としては84~85年にマイルCSを連覇し、G1・3勝を含む重賞V10のニホンピロウイナーや、12年JCダート覇者のニホンピロアワーズを所有。長きにわたって日本競馬を盛り上げてきた。

 騎手時代にニホンピロウイナーの主戦を務めた河内師は「ジョッキーには何も言わず、任せてくれるオーナーでした。ありがとうございました」とコメント。ニホンピロアワーズで厩舎初のG1制覇を飾った大橋師は「開業時からお世話になりました。昔かたぎで義理堅い、人情のあるオーナーさんでした。息子さん(英一氏)が勝負服を引き継いでくれるみたいです」と話した。同馬の主戦だった酒井は「25年もジョッキーをやれたのは、苦しい時に手を差し伸べてくれたオーナーのおかげといっても過言ではないと思っています。G1を勝てる馬にまで乗せていただいて、お世話になって、いい思い出しかありません。残念ですが、空から競馬を楽しんでもらえたらと思います」と別れを惜しんだ。

 なお、冠名の「ニホンピロ」は、FYH株式会社の変更前の社名であるニホンピローブロック株式会社が由来となっている。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

競馬・レース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(競馬・レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス