文字サイズ

【宝塚記念】クロノジェネシスのパワー福永絶賛 異例の調教騎乗も「さすが、いい馬」

 「宝塚記念・G1」(27日、阪神)

 グランプリ3連覇へ、確かな一歩を踏み出した。ドバイSC2着以来となるクロノジェネシスは9日、栗東CWで単走。厩舎所属の団野が北海道滞在中で乗れないため、福永(レースはルメール)がまたがる異例の追い切りとなった。

 道中はピタリと折り合いをつけ、ラストはダイナミックなフォームで駆け抜けた。6F84秒3-37秒8-11秒9に、鞍上は「さすが、いい馬。バランスがいいし、牝馬らしからぬパワーがある」と秘める力を絶賛。見届けた斉藤崇師は「(帰厩後)1本目ということもあってスイッチがまだ入っておらず、重い部分があると(鞍上と)相談してやりました。これで良くなってくると思うし、馬が自分で(体を)つくるから心配する必要はない」と力強くうなずいた。

 初の海外遠征を経て、「ひと回り成長した」と、師をうならせる進化を遂げた才女。再び待つ栄光へ、徐々にギアを上げていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス