文字サイズ

【阪急杯】インディチャンプは完調まで一歩手前 全体時計十分も…併せ馬で1馬身遅れ

 「阪急杯・G3」(28日、阪神)

 インディチャンプは栗東坂路の併せ馬で1馬身遅れ。全体時計は優秀だったが、最後は甘くなっていた。前哨戦とはいえ、G1・2勝馬が貫禄を示すか。

 前哨戦とはいえ、やや不満が残る内容だった。インディチャンプは栗東坂路で攻め駆けするファンタジステラ(7歳3勝クラス)との併せ馬。徐々にペースを上げたが、ラストで甘さを見せて1馬身遅れでフィニッシュとなった。4F50秒8-37秒6-13秒0。全体時計は十分な数字だったが、完調には一歩手前の様子だった。

 手綱を取った生野助手は「全体の時計を出しに行くのは予定通り。その結果、ラストのタイムはかかって止まってしまいましたね。でも、追うごとに少しずつ体は絞れてきたし、まずまずの仕上がり」と前向き。一方、音無師は「放牧先から500キロオーバーで帰ってきて、先週の段階でも490キロ以上あった。この(寒い)時季は馬体が絞れない。次を考えることなく目イチの仕上げのつもりだったが、太めが残りそうですね」と慎重な口ぶりだった。

 目標は次の大舞台とはいえ、G1・2勝馬として貫禄を示したいメンバー構成。指揮官は「年を重ねてスプリンターの体になってきたね。前走の阪神Cは後ろから行って届かなかった。だから、ここは中団ぐらいにはつけてほしい」とレースのイメージを描いていた。結果を残して次のステージへ。G3で地力を示し、短距離界の頂点へ視界を広げる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス