文字サイズ

【競輪】新田&守沢が滑り込み KEIRINグランプリ出場選手決定

 「競輪祭・G1」(23日、小倉)

 郡司浩平(30)=神奈川・99期・SS=が主導権を取った松井宏佑を追走し、最終2角から番手まくりを決めて優勝。デビューから9年10カ月で念願のG1タイトルを手にし、年末のKEIRINグランプリ2020(12月30日・平塚)の出場権もゲットした。

 KEIRINグランプリ2020(12月30日・平塚)の出場選手が23日、決まった。

 獲得賞金額で出場の権利を持っていた郡司浩平が優勝したことで、賞金額での出場枠は2人。新田祐大、守沢太志の2人が滑り込みで出場権利を獲得した。

 守沢は10R3着でレース終了。決勝は控室で見た。「グランプリに乗りたかったし、めちゃくちゃ興奮した。声も出ましたよ。まるでファンのようだった」とホッとした表情で振り返った。守沢と同じく初出場の和田健太郎は「決勝で郡司君に離れている。出場が決まったことはうれしいが、競輪祭決勝は反省しかない。グランプリ本番まで練習します」と意気込んだ。

 グランプリに出場する9人は、12月27日から21年12月26日までの間、S級S班としてレースに臨む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス