文字サイズ

【セントウルS】ダノンスマッシュ貫録V!安田隆師「最高の一日」いざG1獲りへ

 「セントウルS・G2」(13日、中京)

 悲願のG1制覇に向け、最高の形で秋初戦をモノにした。1番人気のダノンスマッシュが好位から力強く抜け出して快勝。重賞6勝目を挙げた。京成杯AHも制して東西重賞ジャックに成功した安田隆師は「最高の一日」と満面の笑みだ。なお、サマースプリントシリーズはレッドアンシェルが、同ジョッキーズシリーズは福永が輝いた。

 実りの秋へ、この上ない結果を出した。1番人気に推されたダノンスマッシュが、14年ぶりの桶狭間決戦となった最重要ステップを貫禄V。本番への優先出走権を手にした。

 五分のスタートから道中は好位4番手追走。直線で軽く促すと反応良くエンジンが点火。猛然とライバルを抜き去り、追いすがる他馬を寄せつけなかった。前走から引き続き手綱を取った三浦は「位置を取った瞬間、馬の気持ちで早め先頭の競馬をしようと思った。途中から思い描いた形のレースができました」と会心のVに笑みを浮かべた。

 春には安田記念に出走し、実績のないマイル戦に挑んだ。結果は8着と壁に跳ね返されたが、決して無駄な経験ではなかった。「学習能力が非常に高い。千四、千六を使ったことが、道中での馬のゆとりにつながっている」と敗戦を糧にしての美酒だったことを強調。「春を越えて馬が成長していました。いい前哨戦でした」。鞍上にとっては今年初めての重賞タイトル。きっちり仕事をこなした充実感が表情に漂う。

 父ロードカナロアが取りこぼしたタイトルを見事に奪取。安田隆師にとっても喜びはひとしおだろう。「次はもちろんスプリンターズS(10月4日・中山)へ行きます」と力強く宣言した。

 これで重賞は6勝目となったが、なぜかここまでG1タイトルとは無縁。もう“前哨戦ハンター”は卒業したい。さらなる歓喜の時を胸に秘め、成長止まらぬ快速馬が上昇気流に乗って躍動する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス