文字サイズ

【ボート】平山智加が2コースまくりで5回目の優出にして悲願のレディースチャンピオン制覇

 優勝し涙をぬぐう平山智加=多摩川ボート
3枚

 「レディースチャンピオン・PG1」(10日、多摩川ボート)

 最強のママさんレーサー・平山智加(35)=香川・98期・A1=が、2コースから強烈なジカまくりを決めレディースチャンピオン5回目の優出で見事栄冠を手にした。3回目のG1優勝で、通算では30回目。2着には1号艇で人気を集めた守屋美穂が入り、最後まで接戦となった3着争いは細川裕子が先着した。

 レースはインの守屋がコンマ15のトップSに対して、平山はコンマ20のSだったが、1Mは意表を突くジカまくり。「20のSは恥ずかしい。1Mはツケマイか差しか半々だった。それでも体が動いた。飛ばされたら仕方がない。でもうまくいって良かった」と会心のレースを満面の笑みで振り返った。

 これまでレディースチャンピオンは4回の優出がある。それも、そのうちの3回は1号艇だったが、絶好のチャンスをモノにできなかった。「これまではプレッシャーもあったが、年数を重ねたことと、2号艇だったこともあって冷静にいけました」と、これまでとは違う気持ちで臨めた。

 過去4回と違うのは、家族が増えたことだ。2回の産休を経て戻ってきた大舞台。「母となり守るべきものが増え、気持ちは強くなった。子供を家に置いて来ているので1分1秒も無駄にできない。それがあるからプレッシャーにも打ち勝てた」と見守ってくれる家族に感謝した。

 この優勝で、来年のSG・クラシック(2021年3月23~28日・福岡)の出場権をゲットした。16年に福岡で行われたダービー以来のSG出場に、「ブランクはあるが目指すところはそこ。SGで活躍したいし、女子のトップとして恥ずかしいレースはできない。しっかりレースをしないと」とファンに約束した。まだまだ進化を続けるママさんレーサーの、さらなる活躍に期待が高まる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス