文字サイズ

【プロキオンS】5番人気サンライズノヴァが快勝

ガッツポーズを見せる松若=阪神競馬場(撮影・石湯恒介)
3枚

 「プロキオンS・G3」(12日、阪神)

 5番人気のサンライズノヴァが最後の直線で鮮やかな差し切りを決めて、重賞4勝目を挙げた。

 レースはラプタスが逃げて、トップウイナーが2番手で続く。1番人気レッドルゼルは内の3、4番手から追走した。サンライズノヴァはいつものように後方で末脚を温存する。直線に入るとレッドルゼルが内を突こうとしたが思ったほど伸びず、3番手にいた9番人気ヤマニンアンプリメが外から先頭に立ったが、満を持してスパートしたサンライズノヴァがグイグイと脚を伸ばして突き抜けた。1年ぶりの8番人気エアスピネルが、初ダートながらゴール前でヤマニンアンプリメをかわして2着に浮上。レッドルゼルは8着に終わった。

 松若は「実績のある馬なので59キロの斤量は仕方ないですが、馬格があるので苦にしなかったですね。久々の右回りがどうかと思いましたが、リズムよく走れていたし、最後の直線でもいい反応をしてくれました。もっと大きなところを狙える馬だし、しっかり結果を出せてホッとしています」と笑顔で話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス