文字サイズ

【競輪】脇本完全V!高松宮記念杯では97年吉岡以来 これが東京五輪代表の脚力

 「高松宮記念杯競輪・G1」(21日、和歌山)

 脇本雄太(31)=福井・94期・SS=が打鐘前カマシから押し切り1着。4連勝の完全優勝で通算4回目のG1制覇を達成し、賞金2940万円(副賞含む)とKEIRINグランプリ2020(12月30日・平塚)の出場権を手にした。最終ホームから仕掛けた松浦悠士をマークした和田健太郎が2着。3着には松浦が入った。

 決勝も世界の舞台で磨いた脚力を見せつけた。打鐘前でカマシた脇本がそのまま押し切って優勝。高松宮記念杯では97年の吉岡稔真(引退)以来、23年ぶりとなる完全優勝で締めくくった。「今年一発目の競輪だったけど、緊張の中で完全優勝ができてうれしく思う。競輪界を代表するメンバーが集まって、激しい戦いができたのは光栄」と充実した表情を見せた。

 準決までと同様に、初手は後ろ攻めとなった決勝。「後ろ攻めなら3日間同じことをやっている。自信を持って同じことをしようと思った。スパートするタイミングも決めてました」と打鐘前から一気にスピードを上げた。先頭へ躍り出ると「しっかり逃げ切れるくらいの脚力を残したまま、ペースで運んで行こうと思っていた」。最終ホームから仕掛けた松浦が迫るも「最終バックの向かい風がきつかったけど、踏み直しもできた」とライバルの反撃を許さぬまま4個目のG1タイトルを手にした。

 自転車競技との両立で今回は今年初出走となったが、見事にKEIRINグランプリの出場権もゲット。「またグランプリを走れてうれしく思う」と笑顔を見せた。東京五輪が延期となり、今後は「オールスター(8月12~16日・名古屋)までは走れると思う。目の前のあっせんを走ってアピールしたい」と意気込む。世界の頂点を目指す脇本。競輪界でもワールドクラスの脚力を存分に見せつけてファンの支持に応えるつもりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス