文字サイズ

【メルボルンC】メールドグラース6着で連勝ストップ 折り合い欠き直線伸びきれず

 「メルボルンC・豪G1」(5日、フレミントン)

 破竹の連勝が6でストップした。コーフィールドCに続くG1連勝を狙ったメールドグラースは6着。06年デルタブルース以来13年ぶりの日本調教馬Vはならなかった。道中は中団を追走。序盤は厳しいマークにあって頭を上げるシーンもあったが、何とかなだめて4角へ。直線は馬群に阻まれながら、外へ出して脚を伸ばしたものの届かなかった。

 レーンは「最後の直線では少し末脚を出してくれましたが、道中で折り合いを欠いた分、伸び切れませんでした」と振り返り、清水久師は「最後は脚色が悪かったですが、その割にあの着差なので、馬場状態も考えれば頑張ってくれたと思います」と話した。

 勝ったのはコーフィールドC2着のヴァウアンドディクレア。2位に入線したマスターオブリアリティは、他馬を妨害したとして4着に降着。3位に入線したプリンスオブアランが2着、4位入線のイルパラディーゾが3着に繰り上がった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス