文字サイズ

【神戸新聞杯】酒井学「絶対に菊花賞はいい」レッドジェニアルを導く!

 「神戸新聞杯・G2」(22日、阪神)

 過去10年を振り返ると、神戸新聞杯の1~3着馬から7頭の菊花賞馬が誕生している。これぞ王道。実力馬のそろう一戦で得た経験が大一番に直結するようだ。

 「ダービーが終わった時、“絶対に菊花賞はいい”と思ったんです」。神戸新聞杯にレッドジェニアルで臨む酒井学騎手(39)=栗東・フリー=が力を込める。

 14年菊花賞で勝利に導いたトーホウジャッカルは、前哨戦の神戸新聞杯で3着。「良くなるのは来年と思っていたから、菊花賞は頭になかった。だからこそ、ドシッと乗れたんです」と当時を振り返る。レースは手応え十分に直線へ。ゴール100メートル手前で外へ張られるロスがありながら、勝ち馬と同タイムの惜敗。1000万下の身で権利を手にした。「スムーズなら勝っていたかも、と。その感覚が菊花賞に生きた」。トライアルで得た手応えそのままに、本番でVをつかんだ。

 あれから5年-。当時と状況は違う。今回のコンビは重賞ウイナーで、菊花賞を見据えた一戦となる。「これだけ強いメンバーとやれるのはありがたい。試したいこともある。菊花賞が晴れとは限らないし、道悪ならそれも経験させたい」。結果はもちろん、内容も求められる秋初戦をどう戦うのか。そして、1カ月後にはその答えが出る。(デイリースポーツ・井上達也)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス