文字サイズ

【ボート】磯部誠が2コース差しでうれしいG2初優勝

 「モーターボート大賞・G2」(8日、浜名湖)

 カドの4コースからまくった佐藤翼と、インから抵抗した深谷知博が1Mで競り合った展開を突いて、磯部誠(29)=愛知・105期・A1=が2コースから差し切り。29歳の誕生日を優勝で飾った。G2以上では初、今年7回目、通算では19回目の優勝を飾った。この優勝で、来年、3月に平和島ボートで行われるSG・ボートレースクラシックの出場権を獲得した。2着は深谷知博、3着は永田秀二。

 「G2の重みがありましたね」とVロードを走り抜いた胸中を明かした磯部。風はそれほどでもなかったが、台風接近の天候不順で納得の調整ではなかったという。

 中へこみの展開は「想定していたが、まさかバックで深谷さんをつかまえられるとは思わなかった」と、ターンの立ち上がりの足だけは深谷を上回っていた。「回す方が得意なので、ワンチャンあるかなと思ってました」と佐藤にまくられても慌てず、冷静に差しに回って、念願のGタイトルをものにした。

 今年はこれで7回目の優勝と絶好調。ただ、津のルーキーシリーズでの出遅れなど、数々の失敗もあったが、そんな時に「池田浩二さんから、いろいろアドバイスを受けました」と、師匠の金言に一念発起。同じ失敗をしないように「ひとつずつ、リカバリーすることを心掛けた」という結果が、G2初優勝に結びついた。

 次走は三国のヤングダービー。「自分を買ってくれる人のために頑張る。まずは目の前の1走」と、気合を入れた。着実にステップアップしていけば、偉大な師匠・池田浩二と同じステージに立つ日も近い。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス