文字サイズ

【ボート】大村ボートレースメモリアルカウントダウンコラム1

 「ボートレースメモリアル・SG」(27日開幕、大村)

 「SG・第65回ボートレースメモリアル」が27日~9月1日まで、長崎県のボートレース大村で開催される。全国24場から推薦されたトップレーサーが集結する夏の最後の祭典。さまざまな話題を6回にわたって紹介する。

 1955年、ボートレース発祥を記念するレース「モーターボート記念競走」として創設された。2014年からの通称名称は「ボートレースメモリアル」。選考基準は(1)前年優勝者(2)グランプリ優出6人(3)直近のSGオーシャンカップ優勝(4)開催場以外の各場からの推薦選手(1場あたり2名)、開催場希望選手となっている。

 第1回は発祥地の大村で行われている。大村でのメモリアル開催は第1回以来、実に64年ぶりとなった。02年に蒲郡で開催された第48回はSG初のナイターとして行われ、12年からはナイターでの開催が続いている。

 最多優勝は野中和夫(引退)、今垣光太郎の3回。現役選手で2回優勝しているのは今村豊、瓜生正義、菊地孝平、毒島誠の4人。なお今村豊は今回が最多の33回目の出場。浜野谷憲吾は23年連続での出場となる。メモリアル初出場は桑原悠、小野生奈、大山千広の3人。女子選手は昨年は出場がなかったが、今年は遠藤エミ、小野生奈、大山千広の3人が参戦する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス