文字サイズ

【アイビスSD展望】ライオンボスが一気に千直王へ

 「アイビスSD・G3」(28日、新潟)

 スピード自慢が集う夏の新潟の開幕重賞。今年は急上昇中のライオンボスに注目が集まる。キャリア初の“直千”だった2走前の邁進特別で5馬身差のぶっちぎりV。続く韋駄天Sで連勝を決め、オープンの壁を難なく突破した。まさに直線競馬のスペシャリスト。1週前追い切りの手綱を取った鮫島駿も「人気を背負うと思うが、結果で応えられるはず」と3連勝に力が入っている。

 立ちはだかるのが昨年の覇者ダイメイプリンセス。この舞台は3戦全勝と、適性の高さは現役屈指だ。M・デムーロとのコンビで連覇を狙う。カイザーメランジェも侮れない。禁止薬物騒動で7頭立てだったとはいえ、函館スプリントSを制して重賞ホースに。韋駄天Sではライオンボスの6着に終わったが、充実一途の今なら引けは取るまい。

 近2年3、4着のレジーナフォルテも重賞初Vへ意欲十分だ。抽選組は韋駄天S2着のカッパツハッチ、藤田菜七子騎乗のレッドラウダ。いずれが出てきても注目を集めそう。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス