文字サイズ

【POG】ノーエクスキューズ 初陣舞台に余裕の手応え

 「新馬戦」(21日、函館)

 日曜函館5R(芝1800メートル)に出走予定のノーエクスキューズ(牡、美浦・和田郎)はエピファネイア産駒。近親には93、94年のスプリンターズS覇者サクラバクシンオー、11年朝日杯FSを勝ったアルフレードがいる優秀な牝系だ。1週前追い切りは函館Wで年長馬のパートナー2頭に先着。

 和田郎師は「手応えに余裕がありましたし、いい追い切りができたと思います」とケイコ内容を評価する。舞台の函館芝千八にも「パワーもありそうなので、悪くないですね」と手応えをつかんでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス