文字サイズ

【宝塚記念】紅一点リスグラシューが牡馬を一蹴。レーンが締めくくった

宝塚記念を制したリスグラシュー=阪神競馬場
ガッツポーズを見せるダミアン・レーン=阪神競馬場
父のマイケル・レーン調教師と記念写真に収まるダミアン・レーン=阪神競馬場
3枚3枚

 「宝塚記念・G1」(23日、阪神)

 これまでのうっぷんをまとめて晴らした。ファン投票9位、紅一点で3番人気のリスグラシューが牡馬一線級を難なく粉砕。昨秋のエリザベス女王杯以来となる、2つ目のG1制覇を決めた。

 予想通り1番人気のキセキが最内から主導権を奪ったが、大外枠から2番手につける積極策で、スタンドがどよめいた。前半の1000メートル通過が1分ジャストという淀みのない流れ。このなかで4角を抜群の手応えで回ると、直線ラスト200メートル過ぎ、手綱を持ったままで堂々先頭へ。最後は3馬身差をつけ、2分10秒8のタイムで完勝。

 左手を高々と挙げたダミアン・レーン騎手は「スタートが非常に良かったので、先頭も悩んだけど、流れや展開を読んで、ここ(2番手)で大丈夫だと思った。結果的にいい判断だったね。直線を向いて、すばらしい馬が後ろにいっぱいいたけど、ボクの馬も手応えが良かったし、自信を持っていた」と満面の笑み。来日中の父に、ビッグタイトルをプレゼントした。

 自身もこれで、ヴィクトリアマイルのノームコアに続いて2つ目のG1制覇。この日でJRAの短期免許期間の最終日となり、「多くの人にサポートしてもらって感謝しています。そして、きょうは多くのファンが注目するすばらしいレースに参加できて良かった」と感謝の言葉を口にした。初来日から強烈なインパクトを与えた25歳。豪州の若手のホープは、最後に日本語で「ありがとう。また来ます」と笑顔を振りまいていた。

 2着に逃げたキセキが粘り、好位から伸びた6番人気スワーヴリチャードが3着に入った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス