文字サイズ

【日本ダービー】リオンリオンは横山武史騎手との新コンビ 父・典弘騎手の代役

 横山武史
1枚拡大

 「日本ダービー・G1」(26日、東京)

 リオンリオン(牡3歳)は横山武史騎手(20)=美浦・鈴木伸尋厩舎=との初コンビでダービーに挑むことが19日、決まった。父の代役として、大舞台に立つ。

 管理する松永幹夫調教師(52)=栗東=が「オーナーから“若手で行きましょう”という話をいただき、それならウチの馬でも勝ってくれているし、いま力をつけているジョッキーということで、お願いしました」と説明した。

 騎乗予定だった横山典弘騎手(51)=美浦・フリー=が18日の東京2Rで開催日2日間(25、26日)の騎乗停止処分を受けたため、鞍上は白紙となっていた。

 騎乗中の新潟競馬場で一報を受けた横山武史騎手は「初めてのG1がダービー。ホースマンの夢であり目標ですからね。(父の)代打とはなったけど、手綱を任せてくれた松永幹夫先生やオーナーには感謝しかありません。その期待に応えたい」と力を込めた。春の新潟開催ではリーディングも決定。「取りこぼしも多かったけど、これからも期待に応えられるよう頑張りたい」と気合を入れていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス