文字サイズ

【オークス】ラヴズオンリーユー 無敗で樫の女王だ ミルコも能力絶賛「楽しみ」

 「オークス・G1」(19日、東京)

 無傷3連勝中のラヴズオンリーユーが、史上5頭目となる無敗の樫の女王を目指す。新馬戦、白菊賞を連勝。一躍、牝馬クラシックの主役候補に名乗りを挙げたが、放牧先で左飛節の内側に傷腫れを発症したため休養。大事をとって桜花賞路線は見送った。ただ、素質は本物だった。M・デムーロとの新コンビで臨んだ復帰戦の忘れな草賞では、ノーステッキで3馬身差の圧勝劇を演じた。

 鞍上は「前回は楽勝でした。能力は高い」と賛辞を惜しまない。8日の栗東CWでの1週前追いにも騎乗。前方にいた先輩僚馬のエントシャイデンを直線だけで2馬身突き放す内容に、「馬はすごくいい。まだ少し子どもで、相手が強くなるけど、楽しみ」と表情は明るい。勝てば自身のクラシック完全制覇も懸かるだけに、力が入る一戦だろう。

 矢作師も「前回より帰厩時の様子がいい。心肺機能が高く、息の入りも早いし、データで見ても明らかにいい」と高評価を与える。一方、「常に体はギリギリ。東京に輸送してどうか」と、馬体の維持を課題に挙げた。

 全兄の僚馬リアルスティールはクラシック三冠では2、4、2着とわずかに手が届かなかった。「兄は鞍も置かせなかったが、この馬は普段おとなしいのが長所」と師のかける期待も大きい。遅れてきた素質馬が、一気に3歳牝馬の勢力図を塗り替える。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス