文字サイズ

【競輪】児玉碧衣がガルコレV2 打鐘4角手前からカマして圧勝

ガールズケイリンコレクションV2に笑顔の児玉碧衣
ガールズコレクションを制し、U時工事の二人に祝福される児玉碧衣(中)=松戸競輪場
ガールズコレクションを制し、胴上げで祝福される児玉碧衣=松戸競輪場
3枚3枚

 「ガールズケイリンコレクション2019松戸ステージ」(2日、松戸)

 G1・日本選手権の3日目12Rで行われ、児玉碧衣(23)=福岡・108期・L1=が打鐘4角手前5番手からカマして1着。昨年8月の平(ガールズドリームレース)以来、2回目のガールズケイリンコレクション優勝を飾った。周回中から同期の児玉を追走した尾崎睦(神奈川)が2着。打鐘で突っ張って尾崎を急追した田中まい(千葉)が3着。児玉と人気を分け合った石井寛子(東京)は勝負どころで立ち遅れたうえ、直線で届かず4着だった。

 児玉は3月のガルコレ(大垣)で小林優香(福岡)に優勝をさらわれた。ナショナルチームで海外遠征の多い小林は児玉と同門(師匠は藤田剣次)。「優香さんは最先端の練習をしていますよね。私は(ホームの)久留米で練習した成果を出して頑張ります」と打倒小林優香を掲げて、年末はガールズグランプリ連覇を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス