文字サイズ

【ボート】吉川元2着も納得「最終日が一番良かった」

 「マスターズチャンピオン・PG1」(21日、宮島)

 平成最後のビッグレースは1号艇の今垣光太郎(49)=福井・63期・A1=がきっちり逃げて優勝賞金1100万円を獲得した。マスターズチャンピオンの優勝は初。通算G1優勝は17年2月近畿地区選(三国)以来29回目。宮島でのG1は3回目の制覇となった。2着は吉川元浩、3着は太田和美だった。

 吉川は3月のSG・クラシック(戸田)に続くビッグレース制覇を狙ったが2着。4コースからの差しが惜しくも届かなかったが、コンマ07の快ショットを放ち「ええSをやっと行けた」とニッコリ。調整にも納得で「最終日が一番良かった。優勝はできなかったけど、このエンジンを引き出せた」と、Vとはならなかったが表情は明るかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス