文字サイズ

【マイラーズC】インディチャンプ 仕上がりに自信 一段レベルアップ

 「マイラーズC・G2」(21日、京都)

 破竹の3連勝で東京新聞杯を制覇。加速をつけて挑むインディチャンプは17日、栗東坂路で戦闘態勢を整えた。

 シエラネバダ(4歳500万下)を前に見ながら登坂。強い前進気勢を巧みに制御し、前半を14秒0-13秒6で切り取って行く。後半はパートナーを手応えで圧倒。手綱を緩めると瞬時に反応し、12秒6-12秒5(全体4F52秒7)という加速ラップでまとめた。

 滑らかなアクションで、0秒7先着した内容に、騎乗した福永は「やり過ぎないよう気を付けて、最後は余力のある形で。息遣いも良かったし、太め感もありません」と好感触を伝え「トモの入り方が、この前とは全然違う。競走馬として、一段レベルアップしたのは確か」とさらなる上昇ぶりを実感した。

 「G1馬もいますからね。胸を借りるつもりで」。音無師は慎重に言葉を選びながらも「(調教は)テンをゆっくり入れたからね。良かったと思います」と仕上がりには自信をのぞかせた。リフレッシュを経てスケールアップ。マイル王の座を視界にとらえた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス