文字サイズ

アーモンドアイ 凱旋門賞見送り 総合的に判断しての決断 次走候補に安田記念も

 ドバイターフを完勝し、華々しく海外デビューを果たしたアーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝)が、凱旋門賞・仏G1(10月6日・パリロンシャン)への登録を行わないことが分かった。17日、所属するシルクホースクラブがホームページで発表した。同レースへの一次登録は、18日がJAIRSへの登録など、代行依頼期限となっていた。

 同ホームページによると、ドバイ遠征後の様子、長距離輸送での体調の変化などを精査した結果、凱旋門賞ではコース・距離・斤量と全ての環境がタフな条件になることなどから“ベストのレース選択ではない”との結論に至った理由をつづった。

 当初は参戦に前向きだった国枝師も「秋華賞でもそうだったが、前走後も軽い熱中症のような症状が見られ、しっかりとケアしなければならなかった。そういったレース後の状況や斤量面、馬場などを総合的に判断しての決断です」と話した。

 現在は福島県のノーザンファーム天栄で着地検査を行っている。次戦については未定だが、安田記念(6月2日・東京、芝1600メートル)が候補に挙がっており、秋にはジャパンC(11月24日・東京、芝2400メートル)連覇を目指す可能性もある。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス