文字サイズ

【高松宮記念】ミスターメロディ馬主・グリーンフィールズ清水代表「本当に良かった」

 高松宮記念を制したミスターメロディ
1枚拡大

 「高松宮記念・G1」(24日、中京)

 短距離界に新星誕生だ。3番人気のミスターメロディが好位から抜け出し、新スプリント王に輝いた。2着に一昨年の覇者で12番人気のセイウンコウセイが、3着には17番人気のショウナンアンセムが入り、3連単は449万7470円の大波乱。なお、1番人気のダノンスマッシュは4着、藤田菜七子騎乗のスノードラゴンは17着に終わった。

 ミスターメロディの馬主であるグリーンフィールズ株式会社の清水一功代表(76)は、晴れやかな表情で表彰台に上がった。「(直線では)声が出ました。G1を勝つのは初めてですし、とてもうれしく思います」。東京馬主協会の名誉会長を務め、医師でもあるオーナーは、毎年のように海外のセリに出向き、夢を追い掛けてきたという。「スキャットダディの産駒ということもあり、種馬にしたいという思いが強かったので、本当に良かった」。既に海外から種牡馬としてのオファーがあることを明かし、「ジュライC(英G1・7月13日・ニューマーケット)への勧誘を受けましたが、また先生と相談して」と笑顔で締めくくった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス