文字サイズ

【高松宮記念】モズスーパーフレア逃走宣言 得意の外枠で中京押し切る

 7枠15番から逃げ切りを図るモズスーパーフレア
1枚拡大

 「高松宮記念・G1」(24日、中京)

 ハナは譲らない。抜群のスタートと天性のスピードを武器に2連勝と他を圧倒してきたモズスーパーフレア。枠順が22日に確定し、7枠15番からG1初挑戦Vを狙うことになった。竹中助手は「逃げ馬は内の方がいいけど、この馬は外の方が良かった。邪魔されないで行けるし、かぶせられる不利も少ない。外枠が多い馬なので良かったと思う」と歓迎。全6勝のうち3勝を7、8枠で挙げており、好都合と判断している。

 出来も万全だ。この日は栗東坂路を4F64秒6-15秒8で駆け上がった。「落ち着いてくれているので」と気配の良さを感じ取る。中京は過去8、5着と敗れているが、どちらも1400メートル。「千二でいい結果が出るようになったから。中京の逃げ切りは難しいと思うけど、戦法はそれなので」。迷いはない。韋駄天(いだてん)ぶりを発揮する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス