文字サイズ

キングヘイローが死亡 2000年高松宮記念V 種牡馬としてG1馬送り出す

 高松宮記念を制したキングヘイロー=00年
2枚

 2000年の高松宮記念を制したキングヘイローが19日、けい養先の北海道新冠町・優駿スタリオンステーションで、老衰のため死亡した。24歳だった。

 デビューから3連勝し、1998年のクラシックで活躍したが、皐月賞2着、ダービー14着、菊花賞5着と結果を出せなかった。その後は試行錯誤を繰り返し、99年のスプリンターズSで初めて1200メートルに挑戦して3着すると、翌春の高松宮記念では、4頭が並ぶゴール前の接戦を首差で制し、待望のG1初制覇を果たした。01年に種牡馬入りし、06年のオークス、秋華賞馬カワカミプリンセス、09年のスプリンターズS、高松宮記念を制したローレルゲレイロなどを送り出した。

 同ステーションの山崎場長は「けさ亡くなりました。このところ急に弱ってきて…。昨年まで種付けをしていたので、残念ですね」と肩を落としていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス