文字サイズ

アウォーディーが放牧先で死す

 2016年のJBCクラシックを制したアウォーディー(左)
1枚拡大

 16年JBCクラシックなどを制したアウォーディー(牡、栗東・松永幹夫厩舎)が6日に、放牧先の大山ヒルズ(鳥取県)で右飛節を骨折し、予後不良となっていたことが11日、分かった。8歳だった。通算42戦10勝(うち重賞2勝、地方8戦3勝、海外2戦0勝)。獲得賞金4億9273万6800円(うち地方1億9300万円、海外5763万2800円)。6日に競走馬登録が抹消された。

 ジャングルポケット産駒の同馬は、母に05年天皇賞・秋覇者ヘヴンリーロマンスを持つ良血。15年9月に砂路線へ矛先を向けると、破竹の6連勝で16年JBCクラシックを勝利した。その後もダートG1の常連として活躍したが、今年6月の帝王賞8着がラストランとなった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス