文字サイズ

【関屋記念】リライアブルエース 充実一途 “苦労馬”が悲願の初タイ獲る!

 自慢の末脚で悲願の重賞初制覇を狙うリライアブルエース
1枚拡大

 「関屋記念・G3」(12日、新潟)

 夏のエースの座は譲らない。1月に500万クラスを突破。その後1000万下、準オープンと着実に条件戦を勝ち上がってきたリライアブルエースが、重賞初制覇へ向け意欲を燃やしている。

 重賞初挑戦となった京王杯SCでは6着に敗れたが、前走の中京記念ではメンバー2位の上がり3F34秒2の末脚で3着に入線。5歳にして成長の一途をたどっている。

 池田厩務員は「前走時と遜色ないし、変わりなく来ている。筋肉量も増えて、ハリがあって見栄えもいい。5歳馬だけど若々しいね」と笑みがこぼれる。

 3歳時に屈腱炎を患い、長期休養を余儀なくされた“苦労馬”。「潜在能力の高い馬だったが、屈腱炎で1年以上を棒に振った。同世代が晴れ舞台で活躍する中、悔しさがあったと思う。無念を晴らしてあげたい」。同馬に対する厩舎スタッフの強い思いが伺える。

 2日の1週前追い切りでは、栗東坂路を単走。好調ぶりをアピールするかのごとく4F52秒0の好時計をマーク。「中2週だけど元気いっぱい。しまいの脚はいいし、能力はある。重賞でもやれる」と自信を口にする。

 引退の危機を乗り越えた“エース”が、悲願の重賞初制覇に向けて越後の直線を駆け抜ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス