文字サイズ

【競輪】牛山貴広が2回目のG3制覇

昨年6月富山以来、2回目のG3制覇を成し遂げた牛山貴広(中央)
1枚拡大

「阿波おどり杯争覇戦・G3」(8日、小松島)

 牛山貴広(37)=茨城・92期・S1=が直線強襲で優勝を飾った。昨年6月の富山記念以来、通算2回目のG3制覇を成し遂げた。2着には村上義弘、3着には守沢太志が入った。なお、9Rで行われたケイリンエボリューションはマシュー・グレーツァーが制した。

 鋭い差し脚を発揮し直線一気に伸びた牛山。「富山記念のあとに落車して筋肉を痛めて苦しかったが、そこを耐えたのが生きたと思う」と約1年ぶりとなる記念制覇を喜んだ。

 レースは打鐘3角から三谷-村上の近畿勢が先行。天田に前を任せた牛山は最終バックを7番手で通過。最終3角手前から仕掛けた天田に乗るとあいたコースを見逃さず、決め脚を見せた。「4コーナーを回って、まだ前が遠いと思ったが、伸びは良かった。ゴールするまでは分からなかったけど、(勝てて)うれしいですね」とレースを振り返った。

 平原、武田らS班を筆頭に層の厚い関東勢。牛山は「まだ後ろで仕事やサポートができていない。そのあたりを見直してまた頑張りたい」と、この優勝に満足せず、関東屈指のマーク屋へ進化を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス