文字サイズ

【オークス】ラッキーライラック 逆転へ気炎 舞台好転!中~長距離仕様で挑む

 逆転へと燃えているラッキーライラック
1枚拡大

 「オークス・G1」(20日、東京)

 桜花賞2着のラッキーライラックは全休日の14日朝、厩舎で静養した。9日の栗東CWでの併せ馬に騎乗した丸内助手は「前回は中間に放牧に出なかったので1週前にそこまでの時計は出さなかったけど、今回はいつも通りの1週前。動きもいい」と好感触だ。

 前走まではマイル仕様につくったが、中間は坂路に入れず、CW主体で中~長距離仕様に仕上げている。「牝馬の場合、マイルは避けて通れないし、坂路や短い距離で強く追っていました。ただ、もともとマイルの馬じゃないので」と説明する。

 単勝1・8倍の1番人気に推された桜花賞は好位からの競馬で2着。「あの人気であの枠(1枠1番)で仕方がない。普通なら崩れてもおかしくないプレッシャー。強い競馬」と悲観はしていない。重圧から解放された2歳女王が、逆転へと燃えている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス