文字サイズ

【ボート】浜名湖クラシックカウントダウンコラム3

 前本泰和
1枚拡大

 「ボートレースクラシック・SG」(16日開幕、浜名湖)

 シリーズの行方を占う初日12Rドリーム戦出場選手は枠番順に【1】桐生順平【2】石野貴之【3】峰竜太【4】寺田祥【5】新田雄史【6】毒島誠。桐生が1号艇のアドバンテージを得た。昨年のグランプリ覇者は、今年まだ一般戦でもVに届いていない状況でも、直前の戸田周年記念では優出2着。リズムを上げてクラシック連覇を目指す。

 2号艇の石野は、2月の近畿地区選(びわこ)で優出2着と活躍。浜名湖水面は2015年10月のダービーで優出(6着)している舞台。V獲りへ加速する。

 3号艇の峰は、浜名湖で2013年の周年記念V実績がある。2節前のG2・MB大賞(からつ)では転覆に終わったとはいえ優出。1月のG2・誕生祭(大村)も優出2着と好走。持ち味の旋回スピードを発揮しそうだ。

 予選メンバーでは前本の充実ぶりが光る。1月からつ周年記念、2月の中国地区選(児島)でG1優勝。昨年末にグランプリ(住之江)に出場した勢いを保っている。グランプリシリーズまで含めて昨年12月の宮島一般戦から8連続優出も果たして好調をアピールしている。

 地元勢では坪井と菊地に注目が集まる。坪井は1月からつ周年記念で優出2着。菊地は1月の誕生祭(大村)で優出3着。坪井は06年、菊地は14年、両者とも浜名湖水面ではグラチャンを制しており、再び地元SG制覇を目指して闘志を燃やす。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス