文字サイズ

【ボート】地元トップルーキー・安河内将がからつでうれしいG1初1着

笑顔でVサインを見せる安河内将
地元の選手仲間から水神祭の祝福を受ける安河内将
2枚2枚

 「全日本王者決定戦・G1」(28日、からつ)

 佐賀支部のトップルーキー、安河内将(28)=佐賀・111期・A1=が5日目1Rでインから押し切って快勝。これがG1ではうれしい初1着。5R終了後に深川真二、峰竜太ら地元選手から水神祭の手荒い祝福を受けた。

 レースはインからコンマ14のトップSを決めて難なく先マイ。道中は土屋智則(群馬)の追走を振り切り、先頭でゴールを駆け抜けた。3日目5Rで転覆のアクシデントもあったが「足は少し落ちている感じだけど、バランスが取れて中堅上位はあります。下がることもないですよ」と機力に問題はなさそうだ。

 安河内にとってG1は、16年12月のからつ周年以来、2回目の出場だが、前回は5日目からの追加出走。今節は初のフル参戦となり、通算9走目でG1初勝利を飾った。「ホッとしましたね。地元の周年記念なので、先輩たちから祝ってもらえてうれしいです」と笑顔いっぱい。最終日も、地元ファンに快走を披露する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス