文字サイズ

【デイリー杯2歳S】ジャンダルムV ユタカの代打アッゼニいきなり重賞制す

 鮮やかに重賞初制覇を決めたジャンダルム
1枚拡大

 「デイリー杯2歳S・G2」(11日、京都)

 5番人気のジャンダルムがデビュー2連勝で、鮮やかに重賞初制覇を決めた。騎乗したA・アッゼニ騎手(26)=英国=は、JRA重賞初制覇。今後は今年からG1に昇格したホープフルS(12月28日・中山)でビッグタイトルを狙う。2着は4番人気カツジで、3着は3番人気ケイアイノーテック。1番人気のフロンティアは4着に敗れた。

 鮮やかな“代打ホームラン”だった。ジャンダルムに騎乗した英国のホープ・アッゼニが、短期免許で騎乗開始した週に、いきなり重賞Vを決めた。落馬負傷の影響で今週の騎乗を取りやめた武豊の代役を見事に務め、JRA重賞18戦目で初制覇。「本当にうれしい。残念なことにユタカはけがで乗れなかったが、結果を出せて良かった」と笑顔。出迎えた池江師とも、固い握手を交わし喜びを分かち合った。

 発馬はひと息だったが、内ラチ沿いを徐々に進出。道中、競走を中止して下がってきた馬にもひるまなかった。5番手で直線に向き、一度は進路を外へ。行き場がないと見るや、内に誘導して前の2頭の間を割った。鞍上は「ムチを入れ、エンジンをかけてからはいいスピード。スムーズに突き抜けてくれた」と絶賛。池江師は「抜ける脚はさすが。ジョッキーも追えますよね」と人馬をねぎらった。

 今後は同じマイルの朝日杯FSではなく、ホープフルSへ。鞍上は武豊に戻る予定で、「母のビリーヴは1200メートルで活躍、父のキトゥンズジョイは2400メートルの米BCターフ(04年2着)を走っていた馬。何とか頑張って東京2400メートルを持つように育てたい」と来年のダービーを見据える。出世レースを制した素質馬は、無傷3連勝でのG1制覇、そして世代の頂点を目指し、さらなる進化を続けていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス