文字サイズ

【競輪】松戸競輪がPR来社

 「開設67周年記念 G3・燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦」(28日から10月1日まで、松戸競輪場)

 千葉県の松戸競輪場で開催される「G3燦燦ダイヤモンドカップ」争奪戦のPRのため、松戸市経済振興部公営競技事務所の荒川浩二審議監ら関係者が25日、東京都江東区のデイリースポーツを訪れた。

 松戸では3年ぶりの記念競輪開催。S級S班の稲垣裕之、武雄での共同通信杯を制して勢いづく諸橋愛らを、地元の中村浩士、根田空史らが迎え撃つ。予選から激しい上位進出争いは必至で、売り上げ目標は56億円となっている。

 期間中は連日、グルメ屋台が軒を連ね、予想会やイベントも盛りだくさん。最終日の10月1日に場内ステージでライブを行う松戸けいりん応援大使・Parfait(パルフェ)の4人は元気いっぱい。「私たちのライブと車券の両方が楽しめます。アクセスもいいので、ぜひ本場へお越しください」と声をそろえてアピールした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス