文字サイズ

【ダービー】アドミラブル響いた大外枠… 音無師「最後の1冠へ」

 「ダービー・G1」(28日、東京)

 2番人気のレイデオロが早め先頭から押し切ってV。2着は3番人気スワーヴリチャードで、1番人気に推されたアドミラブルは3着。今年も青葉賞組の勝利はならなかった。

 青葉賞馬初の戴冠を狙ったアドミラブルは、直線で懸命に脚を伸ばすも3着。1番人気の支持には応えられなかった。「ペースが遅いのは分かっていたので、ルメールと一緒に上がって行きたかった。ただ、外の外からになるのできついと。よく頑張ってくれているが…」とM・デムーロは肩を落とした。

 音無師は「23年調教師をやってきて、今年は、と思っていた。最初で最後のチャンスだと」と悔しさをにじませたが、「最後の1冠に向けて頑張るしかない。3000メートルでも大丈夫」と前を向いた。夏場を休養に充て、秋は神戸新聞杯(9月24日・阪神)から始動。菊の舞台で捲土(けんど)重来を期す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス