文字サイズ

【POG】世代最後の新馬戦をナスノカンザンが4馬身差の圧勝で締めた

 好位から抜け出したナスノカンザン(左)
1枚拡大

 「新馬戦」(19日、中山)

 世代最後の新馬戦を圧勝で締めた。好位につけた2番人気のナスノカンザン(牡3歳、父エンパイアメーカー、母ナスノフィオナ、美浦・小笠)が直線半ばで抜け出し4馬身差V。

 11日の金鯱賞で4着したナスノセイカンの弟に、小笠師は「まだ緩さがあるなかで、こんな勝ち方ができるんだからね。次走は成長を見ながら決めたい」と目を細めていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス