文字サイズ

【POG】ムーヴザワールドがエアウィンザーを差し切って新馬V

断然人気のエアウィンザー(右)を内からかわすムーヴザワールド=阪神競馬場(撮影・石湯恒介)
1枚拡大

 「2歳新馬」(25日、阪神)

 ディープインパクト産駒の2番人気ムーヴザワールド(牡、栗東・石坂)が好メンバーがそろったメイクデビューを制した。道中は好位を追走。直線で1番人気エアウィンザー(2着)が逃げ粘る6番人気オーサムバローズをかわして抜け出したが、その2頭の間を割ってグイッとひと伸び。最後は首差をつけてゴールした。芝1800メートル戦の勝ちタイムは1分47秒8。全姉に15年ローズS覇者タッチングスピーチがいる良血馬で、今後の活躍が期待される。勝利に導いたクリストフ・ルメール騎手は「直線は狭かったがラスト50mだけスペースがあって、反応も良かった。長い距離も問題ない。エンジンがかかるのが遅いけど、大きなストライドでパワフルだし、ポテンシャルが高い。姉に似てるね」と素質の高さを評価した。

 なお、2着馬からさらに2馬身差の3着にはオーサムバローズが入った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス