文字サイズ

日本一のナレーター・窪田等氏が語る「声のお仕事」の神髄 意外な“こだわり”とは…

 かつては「見ても分からないが、聞けば一発でわかる」という職業だったのが、声優やナレーターといった「声のお仕事」。近年はアニメ人気の高騰などから、声優がバラエティー番組やドラマ、映画にも進出し、顔だけでも十分に認知されている存在も多い。

 そんな中、TBS系「情熱大陸」や、任天堂のCMなどでナレーションを務める窪田等氏(69)が、デイリースポーツの取材に対応。日本一のナレーターと称される職人が、「声のお仕事」の神髄を語った。

 ナレーター歴48年を迎える窪田氏は、「特にアニメの人たちは、昔よりもっと活躍の場が広がっている。顔を出している方も多くいますよね。僕の場合も、一般の方が『窪田等』という存在を認識して下さっている。今まで業界の人しか知らなかった名前を一般の人たちが知って下さる」と、過去との違いに言及。「僕らは地味な仕事だから、一般の方々は知らないだろうと思っていたんですけど」と話した。

 その要因を「やっぱりアニメで、今まではコアなファンの方が中心だったのが、アニメ自体がマーケットが大きくなって、コアなファン以外の方が増えてきた。すると声に対して、この声優さんがどんな人かと興味が広がって、声優さんも世間に出ていくから、それで認知度が上がる。その相乗効果じゃないですかね」と分析。窪田氏も昨年、人気アニメ「おそ松さん」第3期の予告特番に出演。「反響はすごくて、『窪田さんをナレーションに使ってる。高い人使ってるんだ』って、ありがたいことに思っていただけたようで」と笑った。

 長年活動してきた中で、「僕らと、今の主流の若い人たちとは、価値観が違うんです。だから『こうでなきゃいけないよ』という押しつけはできないし、合わせていかなければいけない」という窪田氏。その上で「根底では、自分のやり方は貫いていかなければいけない」と言い切った。

 窪田氏のこだわりは「思いを伝えること」というシンプルなもの。「ナレーションって、極端な事を言えば、何でもいいんです。ただ、昔から大事にしているのは、聞く方に言葉が抵抗なく入っていくこと。言葉がスーッと入ってきて、映像に進んでいける、そういうものを目指している」と明かした。

 一方で、昨今、主にバラエティー番組における特徴は「引っかかりのある言葉が求められる。強い調子になる。耳にグッとささるようなものが必要とされている」という。「同じナレーションにも、いろんな世界観があるんですね。突き刺さるナレーション、余韻を引くナレーション…。今は『わかりやすく』が求められている。今の作り方って、考えなくてもいい作り方。楽ですよね、でも、一歩下がってみると、考えることもあっていいんじゃないかと。何から何まで説明するんじゃなくて、言葉の奥にある世界を、視聴者の方が自分で考えることができる。そういうナレーションができたならと思います」と言葉に力を込めた。

 「来るものは拒まず」の精神で、あらゆる声の仕事をこなしてきた窪田氏。「とにかく、ナレーションが好きでしょうがない。声だけで、世界観を作る。文章を形にして、自分の声で空間に放っていく」と、自らが思う“神髄”を口にした。一方で、その難しさについて「どうしてもテンションが違うという時もある。表現しようとしていることと、求められているものが合致しないことがある、感覚でやっているところがあるからでしょうね」とも語った。

 今後、声の世界を目指す若者に対しては、「青臭いんだけど、一生懸命やるしかないんですよ。この世界は、ダメなら次は使われないけど、絶対に諦めないこと。もちろん才能というのはある。もちろん、センスがないとやっていけない。ただ、普通のセンスがあれば、やろうと思えばできるんじゃないかなと」と熱っぽく語った。

 具体的には「リズムテンポ。それがないと難しいんじゃないかな。音楽的な要素も多分にあります」と説明。「うまいから使われるわけじゃない。『何となくいいから使おう』という世界なんです。努力がちゃんと帰ってくるとは限らない。でも、いざチャンスが来たときに出せるものがないと、どうしようもない」と、親身なアドバイスを送った。(デイリースポーツ・福島大輔)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サブカル系最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス