文字サイズ

ネット未開の80年代 アニソン歌会の思い出 女性の質問にウケ狙い「好きな花はケロニアです」

 ネット未開の時代。オタクと呼ばれ始めた熱い情熱は、どのように昇華したのか。80年代の大阪で青春を過ごし、現在は松屋町で絶版漫画バナナクレープを営む小谷和豊店長に、思い出を聞いた。

 夢のような時間だった。アニソン界の大御所、水木一郎が目前にいる。マジンガーZ、バビル2世…代表曲を歌う仲間と一緒に直接、歌唱レッスンを受けたのだ。

 「アルバム『OTAKEBI参上!吠える男』(89年)を発表された頃でした。とても楽しく、和気あいあいとした会でした。今では到底考えられないことでしょうね」

 アニソン界にニューミュージックやアイドル歌手が台頭し、水木にとって不遇の時期とはいえ、超異例の出来事。舞台は、毎回楽しみにしていたATOMの歌会だった。

 ATOMは「アニソン・特ソン・おおいに・守り楽しむ会」の略称。偶数月の第2日曜日、森ノ宮の青少年センター(現大阪市教育会館)で定期開催され、アニメソングや特撮ソングを合唱した。藤子不二雄、仮面ライダーなどテーマは当日決められ、歌詞カードが配布されたという。

 出会いは85年ごろの5月。同人誌即売会が催された中之島公会堂の外で、特別開催されていた歌会に飛び入り参加し、誘われた。

 「小学生の男の子が『ウルトラマンA』を歌い、周囲からよく知ってるなあ、と褒められていました。さすがの彼も『ジャイアントロボ』や『月光仮面』は歌えませんでしたけどね」と懐かしむ。

 幹部以外に連絡網はなく、歌会への参加予約は不要。互いの名前や連絡先を明かす慣習もなく「おたくは何が好きですか…」といった、オタクの語源とされる会話が繰り広げられた。男性中心に常時、30~50人が参加。通称が用いられ、小谷店長はミンキー(『ミンキーモモ』から)だった。

 「最初に自己紹介が行われるのですが、ウケを狙わなければならない雰囲気がありました。ある女性が好きな花は…と話したので、次の順番だった私は『好きな花はケロニア(ウルトラマンに登場した植物怪獣)です』と答えたものです」

 大阪らしく笑いに満ちた歌会だった。ある会ではハッチを名乗る10代の少女が突然登場。「なぜ『みなしごハッチ』なんだ、と皆がざわつき、色めきました。結局、彼女は1回しか姿を見せませんでした」と苦笑する。

 勤務先を公表する珍しい者もいた。奈良にあったアニメショップ・パロディの店長で「大阪芸大の同級生に庵野秀明がいて仲が良かった」と吹聴。90年にガイナックス制作、庵野秀明監督による同店のアニメCMが発表された際は、思わず膝を打った。

 アニソンや特ソンの歌詞を掲載した同人誌も忘れがたい。豪華版を作製した際、石森プロ出身の漫画家・成井紀郎が表紙を担当し、同人誌では異例となるJASRAC(日本音楽著作権協会)に申請。著作権使用料がかさみ「赤字や」と、幹部が頭を抱えていたという。

 90年代前半、仕事の都合でATOMを離れた小谷店長。楽しい思い出とともに、いまだ納得できないことがある。「僕が大好きな『超新星フラッシュマン』のエンディング曲を歌ったとき、幹部がこれおもんないな、と言い、1番で打ち切られたんです。今でもなんでや、って思いますね」。そう振り返り、朗らかな声で笑った。(デイリースポーツ・山本鋼平)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サブカル系最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス