文字サイズ

清原被告44日ぶり保釈も逃げるように

 覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された元プロ野球選手の清原和博被告(48)が17日午後6時52分、都内の警視庁本部から保釈された。保釈保証金は500万円で、現金で即日納付されたという。清原被告は保釈前、弁護士を通じ謝罪コメントを発表したが、窓を黒いシートで完全に目張りした車の後部座席に乗り込み、報道陣に姿を一切見せることなく千葉県内の病院に入った。初公判は5月17日に東京地裁で開かれる。

 “球界の番長”の成れの果ては、あまりに惨めだった。清原被告が乗り込んだ銀色のワンボックスカーは、後部座席部分が黒いシートで前後左右を囲まれ全く隙間なし。逮捕時と違ってその顔を衆目にさらすことなく、逃げるように警視庁本部を後にした。

 清原被告はコメントで「保釈直後にもみなさまの面前でお詫び申し上げたいと考えておりました。しかし、警視庁から周辺道路の安全を確保する必要があり、そのような振る舞いは差し控えるようにと指導を頂きました」と、対応を一切行わなかった理由を説明。

 とはいえ2009年に同罪で逮捕された歌手で女優の酒井法子(45)は保釈直後に会見を開いているだけに、“逃げ”を選んだ印象はぬぐえない。

 2月2日深夜の逮捕劇から44日。再犯率の高い罪であることに加え、薬物の大量摂取が認められていたため保釈申請は難航するとの見方もあったが、検察からの準抗告もなく、請求翌日にすんなりと認められた。

 コメントでは「今は皆さまを裏切ってしまったことを深く後悔するとともに、これまで応援して下さった皆さまのお気持ちに報いるためにも一から出直し、必ず更生することを決意しています」とした清原被告。だが、長きにわたった取り調べにも、背後関係や薬物の入手ルートなどは明かさなかったとされ、負の連鎖から完全に立ち直ったという保証はない。

 この日は早朝から警視庁前に200人を超える報道陣が集結し、保釈時にはその数が500人ほどに膨れあがった。「持病の糖尿病等の検査治療のためしばらく入院させて頂く予定」と入院先へ向かった清原被告の車に向け、拡声器を使って「清原、また人生のホームランを打ってくれ!」と呼びかけるファンの姿もあった。

 高校時代から球史に残る活躍を見せながら、違法薬物に手を染めてしまった“墜(お)ちた英雄”に、その声は届いていたのだろうか。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス