文字サイズ

英王子 アメリカでの性的暴行に関する民事訴訟が継続 王子は一貫して否認

 英王室のアンドルー王子(61)を相手取った性的暴行に関する民事訴訟が継続されることが決まった。ヴァージニア・ジュフリー氏(38)が17歳当時、アンドルー王子から性的暴行を受けたとして訴えた件で12日、マンハッタン連邦裁判所の判事が、同訴訟の前進を許可したかたちだ。

 ジュフリー氏は、2001年に米富豪の故ジェフリー・エプスタイン元被告と当時エプスタインの恋人だったギレーヌ・マクスウェル被告(60)によって、アンドルー王子とセックスするよう差し向けられ、別の男性権力者らの元に送られることもあったとして訴訟を起こしていた。

 そして昨年12月29日にマクスウェル被告は5つの性的人身売買に関連した件で有罪判決を受けており、最長で65年の懲役に科される可能性がある。

 一方アンドルー王子に対して、ジュフリー氏は昨年8月9日に民事訴訟を起こしたものの、王子は一貫してその訴えを否定している。

 また英王室は、今回訴訟の継続が決まった翌日に、アンドルー王子の軍の役職と慈善団体の後援者の役職が母親であるエリザベス女王に返上されることを発表、さらに「殿下」という敬称の使用も停止されるという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス