文字サイズ

超絶美貌の人気歌手51歳 失読症に3人の息子から気付く「特別な能力なのね」

 グウェン・ステファニー(51)は、自分の子供が学習障害と診断された際に、自身の失読症を「発見」したそうだ。元夫ギャヴィン・ロスデイルとの間にキングストン君(14)、ズーマ君(12)、アポロ君(6)と3人の息子を持つグウェン。子供たち全員が読解力の困難を抱えていることを知り、そこで初めて自身の障害にも気づいたという。

 Apple Musicでゼイン・ロウにこう話した。「子供を持つことで私が発見したことの1つに、失読症があるわ。誰もが何かを抱えているけど、私のはそれだった。このことで、私が抱えている多くの問題や、自分で下した決断なども、失読症から生じているように思える。というのも、今、子供たちがこれらの問題を抱えているし、明らかに遺伝なのよ」「でも、子供たちは今、これらすべての恩恵を受けている。彼らには素晴らしい教師と学校があって、恥ずかしがる必要はないから。彼らは自分たちの脳が異なった方法で機能してると理解している。脳の働きはみんなそういうもの、そうでしょう?」

 そんなグウェンは、学校で授業について行けず、いかに「落ちこぼれ」だったかを振り返り、「私はいい子だったのよ。悪いことは何もしなかった。誰もが理解できるはずという、学校の型にはまってついて行くのは本当に大変だった。私の脳はそのように機能しなかったのよ。今でもそう。でも、きっとそれは違ったことでは役に立って、他の人にはできない特別な能力なのね」と話した。

 また失読症が、ボーカルを務めるロックバンドのノー・ダウトの初期時代の作曲や、ステージに立つことへの自信に影響があったことを、今になって気づいたと明かした。(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス