文字サイズ

キム・カーダシアン、名前と写真の無断使用でファストファッションを訴える

 キム・カーダシアンが、自身の名前と写真を無断使用したとしてファストファッション通販サイト、ミスガイデッドを訴えた。キムは、少なくとも1000万ドル(約11億1000万円)の損失賠償、不正利益の返還、今後の違反行為の永久差止命令を同社に求めている。

 キムは、エンターテイメント・トゥナイトが入手した書類の中で、同社が製造したとされる自身の服の類似品の写真と共に、「カーダシアンの商標権と宣伝権を完全に無視し、自社のブランドとウェブサイトに関心を集めるため、繰り返し無許可で(自分の)名前と写真を使用した」と主張している。そしてキムは、「(ミスガイデッドは)ファストファッションで安価の服を専門としており、しばしばそれは他社のデザインから派生したものか、あからさまな類似品です」「ミスガイデッドは、有名なセレブリティが着用したデザインの類似品販売で特に知られており、セレブリティが着用して数日、早い時は数時間以内にそれを発売しています」「ミスガイデッドは、ほかのデザイナーをコピーするのみならず、その類似品を自社のサイトで販売することにより、カーダシアンなどのセレブリティの権利を臆面もなく侵害しているのです」と続け、宣伝権の法廷権利侵害、宣伝権の慣習法権利侵害、由来の偽装、登録商標違反、慣習法登録商標違反で同社を訴えたかたちだ。

 キムは、先週末に開催されたハリウッド・ビューティー・アワードで自身が着用したティエリー・ミュグレーのヴィンテージドレスの類似品がすぐさまネット上で宣伝されたことに憤慨し、今回の訴えに踏み切ったようだ。キムはツイッターでこう綴っている。「2日前に、ミュグレーの1点物のヴィンテージドレスを着る光栄に預かったばかりなのに、それが24時間以内にコピーされて通販サイトに上がった。でも販売はされていない」「このドレスは未だ製造すらされていないから、欲しい人はウェイティングリストに登録するという仕組み。こうして、人々をウェイティングリストに登録させて、私がこのサイトとなんらかの関係があるように思わせているのよ。でも、関係なんてないわ」「デザイナー達が全身全霊を捧げて製作したオリジナルのデザインがこんな風にコピーされるのを目にするのは本当につらい」「こういった会社が私の夫(カニエ)の作品で利益を得るのを見てきたけど、惜しみなく美しい作品を私に提供してくれるデザイナー達も被害にあうようになった今、これ以上黙っておくわけにはいかないわ」〓

(BANG Media International)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      海外スターバックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス