文字サイズ

ジャズ歌手のナンシー・ウィルソンさんが死去

 ナンシー・ウィルソン
1枚拡大

 ジャズ歌手のナンシー・ウィルソンが死去した。81歳だった。ジャズやソウルの世界でその名を馳せたナンシーが、カリフォルニア州パイオニアータウンの自宅で息を引き取ったことがマネージャー兼広報によって発表されたが、死因については明かされていない。

 ジャズ歌手としてではなく「ソング・スタイリスト」として知られることを好んだナンシーは、ジャンルにとらわれることなくR&Bやゴスペルなどにも挑戦し「ゲス・フー・アイ・ソウ・トゥデイ」や「(ユー・ドント・ノウ)ハウ・グラッド・アイ・アム」をはじめとする数々のヒット曲を世に送り出した。

 2010年のインタビューでナンシーはこう話していた。「今日私が歌っている曲は、1860年代のポップミュージックだった。だから自分をジャズシンガーと思ったことはないの。ただ歌詞を受け止めて自分の物にする。歌詞の解釈者とでも言えばよいかしら」

 50年にも渡るそのキャリアの中でブロードウェイの舞台に立ったこともあるナンシーは、70作にもおよぶアルバムを発表した中で、1964年の「ハウ・グラッド・アイ・アム」など3度のグラミー賞にも輝いたが、2011年にツアー活動から引退していた。

 また、人権活動家としても知られ、1965年のアラバマ州セルマからモンゴメリーへの行進に参加したほか、2005年にはインターナショナル・シビル・ライツで殿堂入りを果たしている。

 一方で1967年には米NBC局で「ナンシー・ウィルソン・ショー」を開始し、当時数少ないアフリカ系アメリカ人女性としてテレビ番組の司会も務めた。(BANG Media International)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス