文字サイズ

「X-Men」スピンオフ作にロザリオ・ドーソンが参加?

 「X-Men」シリーズのスピンオフ作「ニュー・ミュータンツ」にロザリオ・ドーソンが出演するようだ。「トランス」などで知られるロザリオは、新作の中でミュータントの医者セシリア・レイズ役に向けてフォックス社と交渉中だと言われている。

 この「ニュー・ミュータンツ」に向けてはジョシュ・ブーンがカンテ・グウォルトニーとサイモン・キンバーグと共に脚本を執筆しており、カレン・ローズンフェルトがプロデューサーを務めている。ストーリーの詳細についてはほぼ明らかになっていないものの、ブーンは先日、エンターテイメント・ウィークリーに対して、若きミュータント達が主役となるこの作品が「本格的なホラー作」になると話していた。「僕たちは『X-Men』の世界を舞台にした本格的なホラー映画を作っているんだ。コスチュームも悪役もないんだよ。ただすごく違うことをしようとしているのさ」

 同作に向けてはロザリオのほか、「ゲーム・オブ・スローンズ」のメイジー・ウィリアムズ、「スプリット」のアニャ・テイラー=ジョイがキャスティングされており、2018年4月公開に向けて7月にも撮影がスタートする予定だ。

 ロザリオはミニシリーズ「ザ・ディフェンダーズ」でのクレア・テンプル役の続投も決定している。(BANG Media International)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      海外スターバックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス