文字サイズ

広瀬すず はかま姿で舞台あいさつ

映画「ちはやふる-上の句-」の初日舞台あいさつをした(左から)真剣佑、広瀬すず、野村周平
2枚

 女優の広瀬すずが19日、都内で初主演映画「ちはやふる-上の句-」の初日舞台あいさつを行い、映画で着用した百人一首のはかま姿を披露し、初主演作に「映画の公開まで長かったような短かったような不思議な感覚です」とあいさつした。

 小泉徳宏監督は広瀬の初印象を「声が小さくて何を言っているか分からない。見誤ったと思った」とズバリ。その後の広瀬に対する目は変わり、今は「パンとはじけて本物の女優の芝居になった。安心している」という。広瀬も「うれしすぎてどう話したらいいか分からない」と監督に感謝の言葉を述べた。

 共演の野村周平からも「広瀬さんと上白石(萌音)さんがすごくかわいかった」と言われると、広瀬も「うれしい。ありがとうございます。本当にこの出会いが大人になっても大事だと思う。若いってすごいと思いました」と振り返った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス