文字サイズ

「鎌倉殿」暗黒突入 サザエさんなら悲劇 波平後妻と暴挙/ワカメ闇落ち/タラちゃん操り人形

 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は3日、第26回「悲しむ前に」が放送された。落馬した源頼朝(大泉洋)が昏睡状態となった後に落命。御家人たちが一斉に次を見据えて動きだし、鎌倉は暗黒闘争に突入した。

 脚本の三谷幸喜氏は放送前、鎌倉時代に現実に「すごいドラマ」が起こっていたと、教科書では詳細に学ぶ機会が少ないテーマを解説したことも。ホワイトボードに北条家の家系図を書き「何かに似ているなと思ったら、サザエさんなんですよね」と指摘。「サザエ(北条政子)とカツオ(北条義時)が手を組んで、マスオさん(源頼朝)が死んだ後に、波平(北条時政)を磯野家から追い出す」と笑わせ、タラちゃん(源頼家)に悲劇が起こることなども説明した。

 第26回は、その北条家の内紛も始まった。頼家の乳母である比企家に対抗し、北条の父時政(坂東彌十郎)と継母りく(宮沢りえ)は娘実衣(宮澤エマ)の夫阿野全成を次の鎌倉殿に推すが、政子(小池栄子)と義時(小栗旬)は頼家擁立に動く。時政は怒り、実衣は政子に嫉妬とも劣等感とも言えぬ怒りをぶつけた。

 三谷氏の指摘どおり、「磯野家」であれば大変な事態に。

 気性が荒く棟梁として難点を抱える頼家は、母政子から父の遺志を伝えられ、鎌倉殿を継ぐようことを受け入れたが、すでに背後に梶原景時(中村獅童)がおり、1度は断ってみせることまで指南されていた。

 次回予告では、新たに鎌倉殿となった頼家が自身の方針を表明するが、時政も比企能員(佐藤二朗)も共に困惑する中、景時が賛辞を贈る…とある。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス