文字サイズ

板野友美 代表取締役に就任 夫・高橋投手は「否定せず手伝ってくれる」

 元AKB48でタレントの板野友美(30)が9日、都内で、自身がディレクションを務めるブランド「Rosy luce」のスターティングイベントを行い、デイリースポーツの取材に応じた。

 昨年1月に10年来の知人と同ブランドを立ち上げ、今年2月に「株式会社Rosy luce co.」を設立。ブランド名は「バラの花々が輝く」の意味で「人と比べずに自分の花を咲かせて」と願いが込められた。

 国民的アイドルとして活躍してきたが、同社では代表取締役に就任。新たに“経営者”という肩書きが増えて「めっちゃ大変です。責任もあるけど、その分お客様に広がったプロダクトを届けたい」と息巻いている。

 ブランドを通じた女性のエンパワーメントも目的で「アイドル時代よりも誰かの力になりたいという思いは大きくなっている」と説明。今後の未来を「このブランドで誰かが前進できるきっかけになれば」と願った。

 昨年1月にプロ野球・ヤクルトの高橋奎二投手と結婚し、同10月に第1子女児出産を報告。子育てと芸能活動の合間を縫い、ブランドを本格スタートするにあたり、夫から「頑張って」と力強いエールをもらったという。

 高橋投手は今季3勝目を挙げ、チームの首位浮上に貢献。板野は「やりたい事を否定せずに家庭の事を手伝ってくれて感謝しています。支え合ってお互いに平等でストレスなくやれている。互いに頑張り続けたい」と“夫婦共闘”を誓った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス