文字サイズ

宝塚音楽学校 4回目で合格「信じられない」 元タカラジェンヌ名ダンサーの娘も

宝塚音楽学校に合格し、入学説明会に向かう110期生
宝塚音楽学校110期に合格した今井柚希さん
宝塚音楽学校110期に合格した天希かおりの娘・山本ゆりさん
3枚

 タカラジェンヌを育成する兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校で30日、第110期生の合格発表が行われ、692人が受験し、17・3倍の難関を突破した40人が夢への切符を手にした。

 最後のチャンスとなる4回目の受験で合格した兵庫県・西宮市出身の今井柚希さん(18)は、「視野を広げたい」と参加したミス・ワールド・ジャパン2021大阪大会のファイナリスト。だが目標はあくまでも宝塚で「昨年まで悔しい思いをしたので、今年は絶対に受かりたいと。番号を見た瞬間、信じられませんでした」と思わず笑顔を見せた。

 名前も由来は「母も宝塚が好きで、天海祐希さんのファンだったので“希”から」と明かす。171センチの長身で「(星組トップスターの)礼真琴さんのように、歌って踊れて、感動を与えられる男役になりたいです」と瞳を輝かせた。

 元雪組男役でダンサーとして鳴らした76期の天希(あまき)かおりの娘・山本ゆりさん(15)も夢を勝ち取った。「礼真琴さんや、和希そらさんのように実力のある男役になりたい」と夢を馳せた。また70期の和光一(わこう・はじめ)の娘・納冨文香さんも合格した。

 コロナ禍の影響で3年連続の同校ホームページでの発表となった40人は、4月16日に入学式を行う。宝塚歌劇団110周年となる2024年の初舞台を目指し、歌やダンス、芝居などタカラジェンヌに必要なレッスンに励む。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス