文字サイズ

上沼、オール巨人のM-1審査員再要請も ABC社長、発言承知も「卒業決まってない」

 上沼恵美子(左)とオール巨人
 オンラインで会見する朝日放送テレビ・山本晋也代表取締役社長
2枚

 朝日放送テレビの山本晋也代表取締役社長の新春会見が18日、オンラインで開催された。山本社長は、若手漫才No.1決定戦「M-1グランプリ」で審査員を務めてきた上沼恵美子、オール巨人が“卒業”を表明したことについて触れた。

 2人の発言を「承知している」としたが、「上沼さん、巨人さんに審査員をお願いするか決めるのは現場。来年、2人が卒業されるかは決まってませんし。ご意向があると踏まえて、現場がもし変わるんだったらどの人がいいかなと考えて行くことになろうかと思う」と卒業決定ではないという認識を示した。

 さらに、「現場が(その年の大会を)一番いい人に見てもらいたい。どうしても2人にやっていただきたいと思えば、またお願いに行くでしょうし」と2人を含んだ中から選ぶとした。

 上沼、巨人は2007年~09年、16年~21年の9回、審査員を担当。2人は昨年の大会後に、互いに話した上で“卒業”を決めたと公言した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス