文字サイズ

小栗旬「全部大泉のせい」マスクがやめられない!「鎌倉殿の13人」現場で

 俳優・小栗旬が15日、NHK総合「土曜スタジオパーク」に出演し、主演する同局の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の収録現場で着用しているマスクのさまざまなバージョンを紹介した。

 源頼朝役で同ドラマに出演している俳優・大泉洋が、小栗について「感情移入し過ぎて、役の中の役者まで嫌いになっていく人」と説明。頼朝が、小栗演じる北条義時を歴史の渦に巻き込むキャラクターとあって「彼(小栗)は一度、マスクに『全部大泉のせい』って書いて。頼朝のせいなのを大泉のせいと捉えてる」とクレームを付けた。小栗に「洋ちゃんがさ、あんなことしなかったら、あの人死んでないから」と言われたことも暴露した。

 スタジオの小栗は「本当に大泉のせいが多いんですよ」とあきれるようにコメントして笑いを誘った。「全部大泉のせい」以外にも「ついに晴れました大泉さん」「大泉 パンありがとう」「爺様あー!!」とさまざまなバージョンのマスクを紹介。毎日、収録現場に到着してメークをしている間にマスクに文字を書き込んでいるそうで「きょうは何にしようか」と言葉を選んでいるという。

 「最初のころは楽しくやってたんですけど、最近は本当に義務化してきて」と思わぬ“悩み”も吐露。字を書き込むのをやめるタイミングを失っており「一度、何も書かずに(現場に)行ったら、みなさんに『何かあったんですか、大丈夫ですか』って」と心配された。「これは、やらないといけないんだな」と覚悟を決めたと語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス